イラストと物語といった創作主体のサイトです。
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
19:36:00
最強の遺伝子を持ちし魔女
ファールセン城下町へと着いた二人は、早速魔法学園へと向かった。
景色や雰囲気は半年前とほとんど変わってない。
なのですぐ見つけることができた。
『王立魔法学園』
学校の札には、こう書かれている。
何十年も前からあるとはいえ、この学校は中はおろか外まで綺麗だ。
それは先生方と生徒たちが、しっかり隅まで掃除しているからである。
したがって、生徒たちの落書き等は一切見当たらない。
今はまだ午前中で、中では普通に授業をやっている。
それに構わず、ゼスたちは中へと入っていった。
すると、中には見覚えのある顔があった。
半年前のゼスの担任だ。
ゼスは先生に声をかける。
「お、ゼスじゃないか。どうしたんだ?話が長くなるようなら、職員室で話そうじゃないか。」
職員室へ行き、改めて先生はゼスに問いかけた。
その問いに、ゼスは一通り答えた。
「なるほど、イーセレヴァスとイークレテスを扱うもの同志が組むというのも面白い。」
「よくわからねえが、普通に扱えたぜ。」
ジラッフが強気な態度で言う。
「そして、魔導師と神官の最大の遺伝子を持ったセレス。お前らなら可能かも知れんな。」
こんな組み合わせ、滅多に見られないものだ。
すると、扉を叩く音が聞こえた。
トントン。
「ただいま戻りました。」
戻ってきた人物は、扉をそっと開けた。
血のような真紅の髪の毛、大きな目、そして高級そうな布を身にまとった女性だ。
年齢はゼスと同じぐらいか。
そう、彼女が噂のセレスである。
「お疲れさん。」
先生は彼女の方へと向いた。
「あれ?も、もしかして、ゼス!?」
セレスは驚いたように、たずねる。
ゼスは頷く。
「あんたが噂の魔女さんか。」
ジラッフが口を挟む。
「あの人は誰?」
不機嫌そうな表情をして、ゼスに聞く。
「彼はジラッフ=ハウクルーザさん。あのイークレテス使いさ。」
「ふーん。」
それからゼスたちは、セレスにこれまでのことを話した。
「そうですか。実は私もなんとかしたいと思っていたのです。」
「そう、よかった。」
ゼスは肩の力を緩めた。
「じゃ、ゼス、それからジラッフさん、よろしくお願いします。」
その言葉に、二人も歓迎の意を示す。
「ちょ、ちょっと待て!」
先生がでかい声を上げた。
「なんですか?」
セレスが聞く。
「授業はともかく、あなたは国王の娘さんです。どう説明をすればいいか。」
先生が悩ましげな表情で言う。
「使いのものが来たら、実習中ですとか、外で授業を行っていますとか言っておけば大丈夫です。
もしバレたら、英雄の子孫として恥じない行動をしたまでですと伝えてくださいな。」
それでいいのか?と思いつつ、
「まあ、わかりました。では行ってらっしゃいませ。」
先生は、何を言っても無駄だと悟り、一歩引いた。
セレスは、見た目以上に頑固なところがあるのだ。
「そうそう、最初に魔導壁ができたのはクラファールの周りからみたいだ、とりあえずそっちへ行ってみたらどうだ?」
三人はうなずき合い、クラファールへ目指すことを決定した。
会話が終わり、セレスは自分の部屋へ行き、出発の準備をした後、外へ出てきた。
「準備は出来たわ。」
「じゃ、これからクラファールへ向かおう。」
ゼスの声に二人は頷く。
そして三人は、クラファールへと向うことにした。
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://saekis.blog40.fc2.com/tb.php/5-ff8121d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF
プロフィール

竜鳥

Author:竜鳥
創作とストーリー好き。

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。