イラストと物語といった創作主体のサイトです。
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
21:07:32

ファンタジー<物語詩>

剣を求めし男、金・そして何より武器屋の支配を求め
子供のころ夢に見た伝説を求め彷徨う

遥かなる旅人、吟遊詩人の詩<ものがたり>



「今後ともよろしくお願いします」
貴族の男に頭を下げし男 レオン=グラム
彼は貴族に武器を売った

レオンは武器商人 野望は世界一の武器屋
そのためには手段を選ばず あらゆる方法を取る

あるときは買収 あるときは脅迫まがい
グレーゾーンぎりぎりも 彼には必要悪だった

彼の商売は繁盛し あらゆる事業を拡大した

しかし彼の家族 災難起こる
ある日子供が病気になった だが彼の店は繁盛していた
彼は迷わず店を取った やがて子供は入院した

妻は毎日病院へ行き 息子の顔を見ていた
働く父を思い描いては 早く来てと心で叫ぶ

だがレオンは事業に夢中 拡大のチャンスはまさに今だ
お前らを幸せにするためだ もう少し辛抱しろ
そして死ぬまで一度もいかず 妻は愛想を尽かした

彼が久々に家に戻ると 彼の妻はいなかった
後悔よりも 大きいあふれ出た憎しみ


彼の店はナイツ 騎士の名を冠し、名前によるわかりやすさが売り
競合他社はアルティー ガイア教の武器屋
ガイア教は”大地”の主教 影響力は”大地”最大
一方ナイツ 特定の宗教、国を相手にしない

アルティーのほうが巨大 レオンは考えた
彼らの市場<マーケット>を奪う方法を

男は考え付いた 英雄の剣を入手する
錆びてようが問題ない 取引先には「最強の鍛冶師」<ダルゼフ>がいる
伝説の剣をダルゼフシリーズ 男は脳内で描き笑う


………
楽園の英雄の物語
炎に包まれし楽園<聖地ルナ> 敵襲にあう
見る見るうちに焼き焦げ かつての緑も今はもう赤一色

ある者は逃げ回り またある者は不用意に突撃する
だが楽園<ルナ>の住人 焼け、あるいは斬られ死ぬ

一人の男 祭壇へと入る
祭られし剣 色は黒く輝く
剣を取りし男 飛び出て逃げる

ある日”天空”の国々は争った 楽園をめぐって
だがある日 一つの国が楽園を焼き払った
その報復に各国は 残虐な攻撃を仕掛けた

そこへ登場するのは 楽園からの唯一の生き残り
男は祭壇から剣を取り出す そして戦場を駆け巡る
男の剣は群集を薙ぎ払い やがて彼の力で戦は収まった

男は楽園の守人 彼の意思に”天空”の国々は肯くしかなかった


だが数日後、男は病に倒れ死亡 それはあまりに急な出来事だった
そして楽園<ルナ>の生き残りはいなくなり 剣もまた消えていった

………

幼き日 母に聞いた伝説を思い出した
小さき時から聞いてた話に レオンは憧れていた
武器屋の夢も この物語が作りしもの


彼は”大地”のあらゆる国へ 伝説探しへと出かけた
ナイツの本社のあるバレリア そこからシルフ
さらにシンドール、ウンディー
ウンディーよりノームにマーズ
さらにリプトナにトレシアにアールグル

やがてサラマンドへたどり着く
そこで重要な手がかり 彼はついに手にすることができるのか?

何年もの時を越えて たどり着いたのはシンドール
男は一目散に シンドールへ走り抜けた
そこにあるのは巨大な傷 大地に走った巨大な傷だ

これこそ剣の力だ 落下時の力でこの有様
レオンは発掘を開始した お金だけはある
人を雇い 発掘作業の毎日

やがて数ヵ月後 ついに掘り起こすことができた
伝説に登場する英雄の剣 彼は手にし叫んだ

ところが帰り道 シンドールとグラストーラの戦争開始
剣を持った彼に 容赦なく攻撃が迫る

傭兵は死に 彼一人残った
必死で逃げるが 矢が背中を突き刺した
赤い雫が大地へ落ちた

彼の頭に一人の人物 突然現れる
そう、彼の妻だった
彼は思った なんてばかなことをしたのだ
かつての憎しみ 跡形もなく崩れ去った

妻の国はグラストーラ これは罰?
やがてレオンは息絶えた 剣を大事に抱きながら
彼の瞳からは 涙が零れ落ちた
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://saekis.blog40.fc2.com/tb.php/13-c3d0fdf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF
プロフィール

竜鳥

Author:竜鳥
創作とストーリー好き。

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。